About 南信州民俗芸能継承推進協議会

この作成者は詳細を入力していません
So far 南信州民俗芸能継承推進協議会 has created 58 blog entries.

深見の祇園祭は神事のみ実施

毎年7月第4土曜日は、阿南町で「深見の祇園祭り」が行われます。 令和4年のお祭りは残念ながら、神事のみの実施で、花火の打ち上げ等は行わないこととなり ました。 「深見の祇園祭り」は、神輿行列が諏訪神社境内から深見池へ練り歩き、池に浮 かべた筏(いかだ)の上で祭典と幣束流しが行われ、打ち上げ花火や大三国など も行われるお祭りで、長野県の選択無形民俗文化財となっています。 http://mg.minami.nagano.jp/group/fukami

2022-06-22T13:28:35+09:002022年6月22日|Categories: その他|

南信州民俗芸能サロン 期間限定開館

7年に1度の式年大祭「飯田お練りまつり」の開催に際し、「南信州民俗芸能サロン」を期間限定で開館します。 民俗芸能の紹介パネルや映像作品の展示、黒田人形の実物や霜月祭りの複製面などを展示し、南信州の民俗芸能を紹介します。 また、お練りまつりの写真展示なども行い、お練りまつりの歴史についても解説します。 ■開館期間 3月25日(金)・26日(土)・27日(日) 3日間(飯田お練りまつり開催期間) ■開館時間 午前9時から午後5時 ■場所 飯田市中央通り4丁目1番地(香港飯店ビル1階) ■協賛 南信州民俗芸能パートナー企業 ※ 長野県地域発元気づくり支援金活用事業 南信州民俗芸能サロン

2022-03-07T09:41:38+09:002022年3月7日|Categories: その他|

令和4年度版 南信州民俗芸能カレンダーを発行

令和4年版(令和4年4月~令和5年3月)の南信州民俗芸能カレンダーを発行しました。 南信州民俗芸能パートナー企業の皆様からの協賛により、このカレンダーを制作することができました。 カレンダーでは、ユネスコ無形文化遺産登録が期待されている「風流踊(ふりゅうおどり)」や「神楽(かぐら)」を紹介しています。 地域の将来を担う子どもたちに目にしていただけるよう、南信州地域内の保育施設、小中学校、高校、文教施設等に配布いたします。 calendar2022 発行:南信州民俗芸能継承推進協議会、伊那谷民俗芸能団体連絡協議会   ※風流踊と神楽について 「風流踊」は、当地域では「新野の盆踊り(阿南町新野)」や「和合の念仏踊り(阿南町和合)」を構成要素とする民俗芸能の一種で、令和4年中のユネスコ無形文化遺産登録が期待されています。 「神楽」は、「遠山の霜月祭り(飯田市上村、南信濃)」や「天龍村の霜月神楽(天龍村坂部、向方、大河内)」が含まれ、ユネスコ無形文化遺産登録を目指しています。 ユネスコ無形文化遺産登録に向けた動きは、南信州民俗芸能ナビで紹介しています。 ユネスコ無形文化遺産登録に向けて | 南信州民俗芸能ナビ (minami.nagano.jp)   ※御協賛企業・団体一覧(順不同) 中日本高速道路株式会社 名古屋支社 飯田保全・サービスセンター 様 小林製袋産業株式会社 様 飯田精密株式会社 様 小木曽建設株式会社 様 旭松食品株式会社 様 阿南部品株式会社 様 飯田エフエム放送株式会社 様 株式会社飯田ケーブルテレビ 様 飯田商工会議所 様 飯田信用金庫 様 伊藤製菓有限会社 様 株式会社エージェンシー広宣 様 勝間田建設株式会社 様 金本建設株式会社 様 社会福祉法人萱垣会 様 喜久水酒造株式会社 様 クロダ精機株式会社 様 学校法人コア学園 飯田コアカレッジ 様 小池建設株式会社 様 興亜エレクトロニクス株式会社 様 株式会社三六組 様 山京インテック株式会社 様 信菱電機株式会社

2022-02-21T15:21:53+09:002022年2月21日|Categories: その他|

南信州民俗芸能パートナー企業勉強会(R4.2.4)

南信州地域には、民俗芸能を企業の立場で支援していただける「南信州民俗芸能パートナー企業」が101社登録されています。 南信州民俗芸能継承推進協議会では、2月4日、パートナー企業の皆様を対象にした勉強会を開催しました。 古くから大事に伝えられてきた民俗芸能を未来へ継承していく意義を再確認する機会となりました。 南信州新聞で紹介いただきました。 【飯田市・下伊那】「南信州民俗芸能パートナー企業」のオンライン勉強会 地域資源としての価値を再確認 | 南信州新聞 (minamishinshu.jp)

2022-02-10T16:00:52+09:002022年2月7日|Categories: その他|

向方のお潔め祭りレポート掲載

1月3日に天龍村向方(むかがた)で「向方のお潔め祭り(おきよめまつり)」が行われました。   南信州民俗芸能継承推進協議会のFacebook「@minami.minzoku」にレポートを掲載していますのでご覧ください。 南信州民俗芸能継承推進協議会 - 投稿 | Facebook 南信州民俗芸能継承推進協議会のFacebook「@minami.minzoku」では南信州地域で行われているお祭りの開催情報やレポートを掲載しています。   向方のお潔め祭りは「天龍村の霜月神楽」として国重要無形民俗文化財に指定されており、「遠山の霜月祭り」や、全国の神楽と共にユネスコ無形文化遺産の登録候補となっています。 また、「和合の念仏踊り」や「新野の盆踊り」を含む「風流踊(ふりゅうおどり)」もユネスコ無形文化遺産登録候補となっています。 ユネスコ無形文化遺産登録に向けた動きについては、次のページで紹介していますのでご覧ください。 ユネスコ無形文化遺産登録に向けて | 南信州民俗芸能ナビ (minami.nagano.jp)  

2022-01-06T08:52:12+09:002022年1月6日|Categories: その他|

ユネスコ無形文化遺産登録に向けた特設ページ開設

南信州地域の民俗芸能のユネスコ無形文化遺産登録に向けた特設ページを開設しました。 ユネスコ無形文化遺産登録に向けて | 南信州民俗芸能ナビ (minami.nagano.jp) 令和4年は、「風流踊(ふりゅうおどり)」のユネスコ無形文化遺産登録に向けた審議が予定されています。 また、「神楽(かぐら)」についてもユネスコ無形文化遺産登録を目指す動きが活発化しています。 風流踊や神楽は、南信州の民俗芸能も構成要素となっており、登録決定が期待されています。 ユネスコ無形文化遺産候補「風流踊」の構成要素のうち南信州の民俗芸能 ・和合の念仏踊り ・新野の盆踊り ユネスコ無形文化遺産候補「神楽」の構成要素のうち南信州の民俗芸能 ・遠山の霜月祭り ・天龍村の霜月神楽

2022-01-04T11:04:37+09:002022年1月4日|Categories: その他|

遠山の霜月祭り開催予定

2021年も、飯田市上村南信濃地区で、遠山の霜月祭り(国重要無形民俗文化財)が行われます。 今年の霜月祭りは、飯田下伊那地域在住者と、遠山郷へ通勤通学している方に限って参加・見学が可能です。 また、南信濃地区の4社(和田、八重河内、木沢、小道木川合)については、時間を短縮して21時までの開催となります。 予定が変更になることがありますので、最新情報を確認の上、お出かけください。 国重要無形民俗文化財 遠山郷の霜月祭り (shimotsukimatsuri.com)

2021-11-17T09:05:18+09:002021年11月17日|Categories: その他|

バーチャル丘フェス2021にパネル展示

南信州民俗芸能継承推進協議会では、「バーチャル丘フェス2021」で南信州の民俗芸能を紹介するパネル展示を行います。 毎年11月3日の文化の日に、飯田市街地(通称「丘の上」)で「飯田丘のまちフェスティバル」が開催され、とても多くの人で賑わいます。 「バーチャル丘フェス2021」は、「飯田丘のまちフェスティバル」の雰囲気をインターネット上に作られたバーチャル空間で楽しめるイベントです。 南信州民俗芸能継承推進協議会では、今年初めて「飯田丘のまちフェスティバル」に参加し、民俗芸能継承について啓発する体験コーナーを設置する計画でしたが、コロナ禍によりイベントが通常どおり開催できなくなってしまいました。 そこで今年は、「バーチャル丘フェス2021」の場を借りてパネル展示を行い、南信州の民俗芸能の魅力をアピールします。 ■日時 令和3(2021)年11月3日(水・祝)13:00~17:00 ■参加方法 開催時間中に下記にアクセスしてください。 バーチャル丘フェス2021|バーチャルSNS cluster(クラスター) ■飯田丘のまちフェスティバル ウェブサイト 飯田 丘のまちフェスティバル (namikichan.com)

2021-10-29T13:41:00+09:002021年10月29日|Categories: その他|

第4回 伊那民俗研究集会「御柱祭と諏訪信仰」(R3.10.9-10)

第4回 伊那民俗研究集会「御柱祭と諏訪信仰」 諏訪大社の御柱祭りや飯田お練り祭りの開催がいよいよ来年に迫っていることを踏まえ、これらの祭りと諏訪信仰について考えます。 入場無料、どなたでも参加いただけます。 ■日時 令和3年10月9日(土)・10日(㈰) 【1日目】 9日(土)13時30分から16時30分まで 【2日目】 10日(日) 9時30分から12時05分まで ■場所 飯田市竜丘公民館(飯田市桐林505) ■内容 【1日目】10月9日(土) 13:30 開会・趣旨説明 13:40~14:20 講演①「御柱祭をどう考えるか」 講師/小川直之(國學院大學教授、柳田國男記念伊那民俗学研究所所長) 14:20~15:00 講演②「中世諏訪神話の生成とその信仰」 講師/青木隆幸(飯田市美術博物館専門研究員) 15:10~15:45 映像上映「平成二十八年丙申年 野池神社の式年御柱祭」(抜粋) (企画:千代の山を守る会 制作:TV-4 2017年) 解説/櫻井弘人(柳田國男記念伊那民俗学研究所会員) 15:45~16:25 講演③「御柱祭と飯田お練り祭り―御柱祭は風流の祭礼か」 講師/櫻井弘人(同上) 16:30 閉会   【2日目】10月10日(日) 9:15 開場 9:30 2日目開会 9:35~10:05 研究発表①「風切鎌は諏訪信仰か」 発表者/今井 啓(柳田國男記念伊那民俗学研究所会員) 10:05~10:35 研究発表②「飯田下伊那のミシャグチ信仰」 発表者/今村理則(伊那谷地名研究会) 10:45~11:15 研究発表③「飯沼郷の御柱祭と三社(別宮)祭-社宮司祭の儀式と伝承-」 発表者/中島正韶(柳田國男記念伊那民俗学研究所会員) 11:15~12:00 ディスカッション パネラー/青木隆幸・櫻井弘人・今井啓・今村理則・中島正韶 司会・総括/小川直之 12:05 閉会   PDF(第4回伊那民俗研究集会) 令和3年度 長野県地域発元気づくり支援金事業

2021-09-17T11:02:16+09:002021年9月17日|Categories: その他|
Go to Top