Loading...
早稲田人形 2018-03-22T15:44:14+00:00
名称 早稲田人形(わせだにんぎょう)
地域 阿南町
開催日 毎年8月第4日曜日午後2時から
分類 人形浄瑠璃
開始時期 江戸時代後期
解説 文政年間(1818〜1829)には盛んに活動していた記録がある。神事色の強い三番叟が特徴。神社夏祭の神事では、舞台での上演に先立って拝殿で、白装束の3人によって奉納される。1月の神送りでは三番叟が行列を先導し、人形2体が神輿を担ぎ、毛槍を掲げた人形数体が続く。人形を依代として疫病や悪霊を送り出す行事が、人形仕立ての神送りに変化して定着したものと考えられ、人形を神聖視する意識がうかがえる。

動画

写真ギャラリー

飯田市美術博物館・文化財情報