Loading...
和合の念仏踊り 2018-03-23T02:55:01+00:00
名称 和合の念仏踊り
地域 阿南町
開催日 8月13〜16日
分類 風流
開始時期
解説 「下伊那のかけ踊り」に含まれ、長野県を代表する盆の念仏踊りの一つ。
13日は切子灯籠、旗、ヒッチキ(ヒッチキ棒と擦りザサラ)、太鼓、鉦、笛、ヤッコ、花、柳が行列を組み、集落内の熊野社から和合の開祖とされる宮下家を経て林松寺へ練り込む。
各所では庭入り・念仏・和讃を行う。庭入りでは紙垂(しで)をつけた菅笠をかぶった男たちが、太鼓やササラを鳴らしながら跳ね踊る。
14・15日は林松寺で盆踊りや新仏供養の念仏踊りを行い、16日は13日と逆の道順で念仏踊りと行列を行う。
伝承では宮下家の15 代当主が寛保2年(1742)に川中島(長野市)で習い覚えたとされるが、宮下家の出身地である浜松の遠州大念仏との関連性も指摘されている。

動画

写真ギャラリー

飯田市美術博物館・文化財情報