Loading...
新野雪祭 2017-05-18T13:38:57+00:00
名称 新野雪祭
地域 阿南町
開催日 毎年1月13日6時から1月15日9時まで
分類 薪能・猿楽・田楽・舞等
開始時期 1,265年頃から
由来
  1. 1265年頃、伊豆木の国生まれの伊東氏が、春日大社で神官として伝えた経験を基に、当地に定着し春日大社で行われていた神事(薪能・猿楽等)を伝えた。
  2. 1400年頃、伊勢の国から、伊勢氏の一族である関氏が当地に定着し、生国伊勢で行われていた田楽舞を中心とした修正会行事を伝え、神仏混交の新野の雪祭りとして発展させて今日に到っている。
見所
  1. 1月13日の神事
    お下り(午前6時30分頃、伊豆神社出発し諏訪神社到着)〜おみくじ (午前10時頃。舞役の決定)〜お滝入り(午後2時頃。主な舞役の人達のみそぎ)〜面形化粧(午後6時頃新しい魂の注入)〜試舞(午後7時頃終了となる)。
    見どころ:おみくじの様子、お滝入り、面方化粧と厳かな神事の様子)。
  2. 1月14日の神事
    お上り(午後4時諏訪神社出発し伊豆神社へ)〜神楽殿の祭り(午後6時頃)〜本殿の祭り(午後11時頃)〜広庭の祭り(15日午前1時頃より。夜田楽の祭り)。
    見どころ:徹夜の祭りとなるが、各祭り共通して幽厳な神楽の世界の魅力。

写真ギャラリー

飯田市美術博物館・文化財情報