Loading...
新野高原盆踊り 2017-05-18T13:41:47+00:00
名称 新野高原盆踊り
地域 阿南町
開催日 毎年8月14日、8月16日〜16日(21時〜翌朝7時頃)
分類 新野の盆踊り
開始時期 享禄2年(1,529)
由来 瑞光院建立の折、入仏式に三州振草下田の人々が来て踊った「おさま」を村の人たちが習ったのが始まりとも、それ以前から盆踊りは踊られていたともいわれています。
見所 8月14日、15日、16日の午後9時から翌朝まで商店が並ぶ町道に櫓を建て、その周りを囲み、楽器を一切使わず音頭取りの音頭出しと踊り子の返す唄だけで踊られる。
踊りの種類は扇子を使うものが4つ、手踊りが3つで、このなかの「能登」は、3日間のうち最後の日の朝方行われる神送りのときのみ踊られている。又、8月第4土曜日は「うら盆」と称して盆踊りを行う。この起源は諸説あるが、盆の客人が帰った後、村人たちがゆっくり踊りを楽しむために始まったといわれている。

写真ギャラリー

飯田市美術博物館・文化財情報