Loading...
黒田人形 2018-03-22T15:44:14+00:00
名称 黒田人形(くろだにんぎょう)
地域 飯田市
分類 人形浄瑠璃(国無形文化財)
開始時期 元禄年間
解説 元禄年間(1688〜1703)に正覚真海という僧が若者たちに教えたのが始まりとされる。以降、淡路や大阪から師匠を迎えて技を向上させてきた。人形の操法に「手」と呼ばれる30種近くの古い型を伝えている。
元文2年(1737)の銘があるものを含め、約100点のかしらを保存している。人形舞台は天保11年(1840)に建てられた国内最古・最大級で、国の重要有形民俗文化財。

動画

写真ギャラリー

飯田市美術博物館・文化財情報